2010年03月29日

前副知事後任に東京事務所長、福岡知事が方針(読売新聞)

 福岡県の麻生渡知事は、県町村会による贈収賄事件に絡み収賄罪で起訴された前副知事・中島孝之被告(68)の後任に、牛尾長生(たけお)・県東京事務所長(60)を起用する方針を固めた。

 26日午後、県議会最終本会議に人事案を追加提出し、同意を求める。

 牛尾氏は農業経済課長、農政課長、保健福祉部次長などを歴任し、2007年4月から部長級の現職に。中島被告は昨年12月、町村会幹部による裏金を使った接待疑惑が発覚し、3期目途中で辞任した。

 麻生知事は26日、今月末で任期満了を迎える元県立高校長の海老井悦子副知事(63)の再任案も議会に提出する。これで前県総務部長の山崎建典副知事(61)を含め3人の副知事体制に戻る見通しとなった。

<福知山線事故>遺族の思い届く 歴代3社長起訴議決 (毎日新聞)
【日本人とこころ】白川静と出遊(下)一番好きな言葉は「遊」(産経新聞)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(3)「逮捕しないと事件終わらない」(産経新聞)
自民・大島幹事長、藤川市議の参院選擁立認めた(スポーツ報知)
あくまで国外、社民・福島氏「全力」(産経新聞)
posted by ヤマガミ コウゾウ at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

抑止力は米の「核の傘」ではなく「憲法9条」 福島氏が持論展開(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が23日の参院予算委員会で、日本の安全保障について、「最大の抑止力は憲法9条だ」と述べ、米国の核抑止力の有益性を認めない場面があった。

 福島氏は「戦争をしないと定めた憲法9条があって、先輩の政治家は戦争をしなかった。それこそが日本に対して(核を)撃ち込ませてこなかった」と独自の主張を展開した。佐藤正久氏(自民)が「米の核抑止力は日本に必要だ」と答えた鳩山由紀夫首相との違いを追及すると、福島氏は国会審議にもかかわらず、「閣僚としての発言は差し控える」と答弁を拒否。これには野党側が反発し、審議が一時中断した。

 福島氏は結局、「社民党の見解とは違うし、党の見解は変えないが、閣僚の一員としては従う」と説明。社民党党首と閣僚の2つの立場から、苦しい答弁に追い込まれていた。

【関連記事】
福島氏、同意人事案に署名「反対ではあるが、署名はやむなし」
普天間移設 政府案暗礁で首相困惑…打つ手なし
夫婦別姓法案で首相、閣議決定に応じるよう要求 亀井氏明かす
夫婦別姓は家族崩壊をもたらす
福島さん、矛盾しませんか? 国会同意人事で
20年後、日本はありますか?

桂宮さま、微熱でご入院(産経新聞)
野焼きの男性3人死亡=陸自東富士演習場−静岡(時事通信)
将棋 王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利(毎日新聞)
自民支援見送りを正式決定=参院比例代表−農政連(時事通信)
足利事件再審で菅家さんに無罪判決…宇都宮地裁(読売新聞)
posted by ヤマガミ コウゾウ at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。