2010年02月19日

9人の救出不可能 たまゆら火災、実験で確認(産経新聞)

 火災で入所者9人を死亡させたとして、業務上過失致死容疑で群馬県渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」を運営するNPO法人(特定非営利活動法人)「彩経会」理事長、高桑五郎容疑者(85)ら2人が逮捕された事件で、群馬県警が、建物を再現しての救出実験を行い、9人の救出は不可能だったと確認していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。県警では、施設の増改築に耐火材が使用されていれば、9人を救出する時間があったものとみて、調べを進めている。

 捜査関係者によると、同施設では平成17年8月以降、4回にわたり、耐火材などを使用せずに増改築が行われていた。県警で昨年11月と12月に計3回、火元付近の建物を再現して燃焼実験を実施し、壁の温度の上昇具合や火が広がるのにかかった時間を確認。安全基準を満たす正常な施設よりも、火の回りが大幅に早かったことが判明した。

 さらに12月、群馬県内の施設で火災時の様子を再現し、要介護者を抱えて救出にかかる時間などを試したが、死亡者10人のうち、9人は救出できる状況ではなかった。

 県警は11日、高桑容疑者の住居や事務所など7カ所を家宅捜索し、パソコンなど計約30点を押収した。

【関連記事】
群馬「たまゆら」10人死亡火災、理事長逮捕 業過致死容疑
狭すぎる…無届け老人ホームの4割で改善指導 厚労省
老人ホーム4分の1で消火器不備など違反 名古屋市消防局調査
老人施設「たまゆら」で関係者らが慰霊祭 高桑理事長「おわびの第一歩」
「有料ホーム」に該当せず? 群馬の老人施設火災1カ月

空き巣100件繰り返す? 窃盗容疑で中国人ら逮捕 警視庁(産経新聞)
<将棋>王将戦第3局 初の掛川城タイトル戦 10、11日(毎日新聞)
<交通事故>テレビ朝日の富川アナ、バイクに追突(毎日新聞)
虐待と判断し病院が異例通報 継母逮捕の女児死亡事件(産経新聞)
弁護士資格なしで示談報酬、元行政書士を逮捕(読売新聞)
posted by ヤマガミ コウゾウ at 09:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。